臭う汗とその原因について

 

運動した時にかく汗は水のようにさらっとしていますが、これは汗腺の中のエクリン汗腺から出たものです。多少のカリウムなどのミネラルや乳酸などを含みますが99%が水分であり、体内から独自の穴を通して搬出させて肌表面の細菌の繁殖を防いだり体温調整の為にとても重要なものです。本来臭いはありませんが、汗をかいたまま放置していれば汗臭いにおいは発生します。
汗腺にはもう一つあり、臭うこともあるのがアポクリン汗腺です。わきの下や乳輪部、耳の中やへそ、陰毛部や肛門にあるのが特徴で、タンパク質や脂質、色素や鉄分、蛍光物質やアンモニア、尿素などたくさんの成分を含んでいるので水分量が少なく粘度があります。体内から搬出させるための独自の出口を持たず、毛の生えている毛穴を利用して外に搬出されるものです。本来においのあるものではありませんが、皮膚表面の常在菌と反応することによってエクリン汗腺からの汗とは違った臭いが発することもあります。
同じく毛穴を利用して体外に搬出させる皮脂腺は、エクリン汗腺と混ざって体表面の油分を調整し、少なすぎるとカサカサ肌にもなるものです。しかし、気温が上昇すれば多量に分泌されることからベタベタ肌にもなり、細菌が発生することによりにおいを伴います。

 

Comments are closed.